世界から注目される貴金属

貴金属の中でも金やプラチナというのは永遠に輝く続ける物です。だからこそ、長い歴史の中で金は貨幣として使わたり、価値のある貴金属として保ち続けています。その中で最初に金の価値について説明をします。金はとても希少価値が高い物です。しかし値段だけなく金そのものの価値は一生変わりません。その中で世界で取引される金には価格変動があります。

金というのは世界経済を支える中で重要な役割を担っており、インフレで貨幣価値が目減りした際には金の価値は上昇して、デフレになると実物資産として金の価値が上がるため長い期間で見ると金は安定しています。なので金を資産としている方も多く、腐食しにくいという面でも長期間保管できるメリットであります。

貴金属の価値

次にプラチナです。プラチナは宝飾品としてだけではなく、金と同様に資産用としても使われている貴金属です。またプラチナも希少価値は高く、美しい輝きを放っています。その中で近年、資産として使われているという事ですが、現状としては60%近い量が工業用として使われています。特に科学やコンピューター・医療など、これからの未来を担う最先端の分野の中で必ず必要になります。

その影響もあり金よりも需要は高まっていて、専門家から「未来を担う貴金属」として呼ばれています。しかし、未来を支えるプラチナですが、金と比べると生産量が少ないです。そのため市場規模も小さく世界経済が不安定な状況が続くと価格の変動が大きいです。またプラチナは金よりも生産される地域が絞られており、採掘される量の90%近くが南アフリカやロシアなど北米周辺に限られています。

このように金やプラチナは大変希少価値が高く資産保全だけでなく投資目的としても使われています。こんな沢山の魅力が詰まっている貴金属はこれから注目されていく物ですので、興味が湧いた方は是非金について詳しくなり、魅力を語り合いましょう。

メニュー

全記事一覧